お野菜

2006.09.29
今の店の旬の野菜は和歌山産の空心菜です。

スタッフの実家が和歌山にあり、送ってくれたものです。

栄養価がほうれん草の3倍あり、肌によく、便秘解消にもなる優れた野菜です。

なかなか調理しにくい野菜ですが、店ではパスタに使っています。

「四万十鳥と空心菜のパスタ 粒マスタード風味」

美味です。

その他和歌山から安全、安心な珍しい野菜が次々と送られてきて、みんなで興奮しています。昨日も空心菜とかぶら菜が大量にきました。

おいおい報告します。


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

誕生日

2006.09.28
先日、店で誕生日をお祝いしていたお客様がいらっしゃました。

オープンして3ヶ月ですが、これまで4組のお客様が当店で誕生日を過ごされています。

カロローゾでは誕生日を迎えられる方も大歓迎で、今誕生日プランを考え中です。

これまでしてきたのは、
.好僉璽リングワインのサービス、
誕生日ケーキを用意して、皿に名前を書きました。
照明を落とし、誕生日の曲を流します。
い花の用意

一緒にいたお客様がみんな拍手で祝ってくれました。

365日誰かの誕生日があります。
レストランでしてみたいけど照れくさいとか、何をしてくれるのか分からないとか誕生日の悩みって結構あると思います。

今考えているのは二人で8800円(飲み物別で)
食事はメニューから前菜1皿、パスタ2皿、メイン1皿
誕生日ケーキ、食後の飲み物。
食前酒はサービスで、お花もご用意します。

照明も落としてケーキを登場させますし、
照れくさい人は静かに出します。

レストランで誕生日をしたいと言う方はお店まで連絡ください。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

2006.09.17
先日母の4回目の命日をむかえました。私は24歳の時に母を食道癌で亡くしました。食道癌は食道がどんどん細くなってしまい、物が通りにくくなります。

僕が母の病気を知ったのは大学を卒業しワタミで働いている時で、その時に後3ヶ月の命と知らされました。

一人っ子なので余計に母とは仲がよく絶対的な存在で母がいなくなる事は想像もできませんでした。

会社を辞め実家に戻り母と一緒に暮らしました。半年間、母は入退院を繰り返し、僕も常に一緒で病院に寝泊りしました。そして4年前の9月母は僕の横で亡くなりました。

常に笑っていた母でした。入院しながらもお化粧をして、髪も結んでいました。

退院して実家に戻っている時、母と近くのイタリアンに行きました。パスタなら物も通るだろうと言って。しかし食べている途中つまってしまい、咳が止まらなくなり店をでました。

帰りの車の中で苦しそうに咳をしながら「おいしかったのに、もっと食べたかった」と母はつぶやきました。

母の食道癌を通じて、人が物を食べられる事の有難さを知りました。当たり前に人は物を食べているけどそれはとても幸せな事である思いました。

飲食店での独立を決意し、母とも約束をしました。お店を開いてお母さんを第一号のお客さんとして招待するからと。

親孝行とは親からもらった命を精一杯生きる事だと思います。

まだまだ店は始まったばかりです。来ていただいたお客様が少しでも幸せと感じてくれる店を作ることが母との約束であり、僕の使命です。

この気持ちを忘れずにいい店を作っていきます。



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

定休日

2006.09.14
毎週水曜日は定休日になっています。
スタッフにとっても週に一度の休日なんですが、みんな店に顔を出して何やらゴソゴソお仕事しています。

僕も雨の中傘をさしながら慣れない役所周りをしてきました。
雇用保険やら源泉徴収やら説明されますが、心配な事にいまいち理解できていません。

なので今日は税理士さんとも話しました。税務署が無料で派遣してくれました。

税理士さんや、社会保険労務士さんに頼んだ方が随分と楽なのかもしれませんが、お金もかかるし、自分でした方が会計や税務、労務管理の仕組みがわかるようになると思いました。

飲食店のオーナーが弱い所は会計やヒトの管理です。簿記の知識がわずかにあるぐらいですが、帳簿は自分でやっていきたいです。

平日は営業で「いっぱいいっぱい」ですが、休日はそれ以外の用事で何だか「いっぱいいっぱい」です。

「いっぱいいっぱい」もそれが続けば普通になるのかなと期待しながらやっていきます。





 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

引越し

2006.09.03
私事ですが、やっと大阪市内に引越しました。それまでは高槻に住んでいたのですが、通うのがいよいよしんどくなりました。自転車で5分の距離なのでとても楽になりました。

今発売中のハナコに掲載されました。仕事帰りに寄れる店という事で店内の写真も大きく載せて頂きました。

ハナコ効果は大きく昼、夜共に雑誌片手に来ていただいています。
店では「ハナコバブル」と言っています。一時のバブルではなくこれをきっかけに次も利用していただけるようにがんばります。

店のHPを見て下さっている自称ストーカーの方も先週来店してくださって、ありがとうございます。

これから少しずつ皆様に知っていただくように精進します。
店のスローガンに「当たり前の事を当たり前に」があります。
今の社会に欠けているのは、こんな当たり前の事ができていないからだと思います。

店の何が売りですかと聞かれるのですが、答えられません。
僕たちが目指す店はそんな突飛な内装でもないですし、派手な料理でもありません。

ただ妥協せず当たり前の事をしていくだけです。
それが広く店を広めていく方法だと思っています。
少し時間はかかるかも知れませんが、少しずつ前進します。











 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています