2017年01月21日
カロローゾのコンセプト

カロローゾのコンセプトは「ほっこり」です。

 

カロローゾとはイタリア語でほっこりと言う意味です。

 

ほっこりと単純そうに言っていますが、

僕なりの思い、今の時代のレストラン状況、近くのイタリアン競合店の分析、

いろんな経営本を読んだ結果の行きついたコンセプトです。

 

コンセプトがほっこりなので、お客様にほっこりしてもらうためにカロローゾがあります。

 

料理、サービス、空間はすべて「ほっこり」してもらうために作っていきます。

 

 

イタリア料理を前面にはだしません。

ソムリエの資格を持っているからと言って全面にもだしません。

カロローゾ得意のお野菜、富士山麓食材、前菜盛り合わせ

もほっこりしてもらうための手段です。

 

もし何かを伝えると言う事に重きをおいているお店なら

テレビ、雑誌にも登場してどんどん、情報を発信したほうがいいと思います。

 

けどカロローゾは何にも登場しません。

(何も依頼が来ないというのもありますが)

何度かテレビの取材のお問い合わせもあったのですが、お断りしました。

 

テレビ、雑誌にでたら、一時お客様がどっと押し寄せて、今来てくれているお客様に

ご迷惑をおかけして、カロローゾのコンセプト「ほっこり」の空間の維持が出来なくなるからです。

 

口コミで地味にファンを増やしていく手段が一番いいと思っています。

それには相当の忍耐力と、絶対あきらめない心が必要なんですが。

 

 

申し訳ないお話、待って下さる方も外でお待ちいただきます。

寒くても、雨でも。申し訳ない気持ちは十分あるのですが、

今食事して下さる方が、落ち着かなくなり、気を使い「ほっこり」できなくなるので、

そうしています。

 

 

席の回転、何かを多くのお客様に伝えると考えたら、店内でお待ち頂く手段もあります。

 

けれどカロローゾでは今いるお客様に「ほっこり」してもらいたいので、その手段はとっていません。

 

 

料理もおなか一杯そうだったら、途中でやめますか?とご提案する場合もあります。

売上は間違いなく下がりますが、あまり無理して食べて苦しくなったら、「ほっこり」できなくなるので

そうします。

 

 

イタリア料理、お野菜、富士山麓食材、ワイン、サービス、空間、

すべては目的ではなく手段として、

本当の目的は「ほっこり」です。

 

 

さて、この回のブログで何回「ほっこり」を書いただろう。

恐らく、今年に入って、日本人「ほっこり」書いた数ランキングでは

間違いなく1位だと思います。

 

 

 ほっこりは京都で生まれた言葉らしいです。

僕は7年ほど京都で過ごし、京都のお店で修行したので、そんな意味合いもあります。

 

 

 

 

 

 


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月11日
カロローゾの自慢と悲観。そして引き続きスタッフ募集中

カロローゾの自慢は

夜の部において、常連さんが必ず1組は来てくれる記録が

もう5年以上続いていることです。

 

1組だけの日も、ご常連様だったり、

満席なのに、1組だけご常連様だったり、

 

そんな日がずっと続いています。

 

2017年入り、やはり1月は苦戦していますが、

そんな苦戦の日々の中でもご常連様が来てくださいます。

 

この1組に救われ諦めずに今まで営業してきました。

自分がやっている方向は間違ってはないと自分に言い聞かせていました。

 

 

おかげさまで10年間、毎年お客様の数は増え(売上増加)←いやらしい

ています。

 

しかし、

2016年までは今のスタッフ4名でお客様を満足させるためにしなければいけない事が

鮮明に見えていたのですが、2017年は見えにくいです。

 

色々戦略はあると思うのですが、まず思いつくのがスタッフを増加させ、

5人にする事。

 

スタッフに少しの余裕を与え、お客様にも安心感を与えるために。

僕の心の負担(給料増加)は増すばかりですが。。。

 

 

ただ今のレストランは中々人が集まりません。

超有名なシェフのお店でも常時スタッフ募集をしているぐらいです。

 

 

そんな中でもカロローゾで働いていみたいという方を募集しています。

 

僕はお店の数を増やし、その店舗を土台にして、

いろいろな事にチャレンジしたいと思っています。

 

基本スタッフを雇ううえで僕が心掛けているのは

 

「一回一緒に働いたなら、一生一緒に働きたい」

 

いわゆる終身雇用制です。

 

時代と真逆の発想です。

 

 

 

けれど、今来て頂いているお客様をさらに満足させ、

なおかつ、もし自分がスタッフだったら満足するだろうな

思う発想はそんなとこです。

 

そのためには、給料を上げ、休みを増やし、

働きやすい環境を整える事です。

 

 

 

ちなみに自分で独立を考えている子はそんな環境は必要ないと言います。

お店を自分の独立のために通過点と考えているからです。

僕もそうだったから。

 

そんな子はお店をいい意味でも利用し、

お店もその子を利用しようとします。

 

だから中々お店は進歩しません。

 

 

独立するのはもちろんいい事ですが、

独立するのと同じくらい、大きなチャレンジができるお店、会社になりたいです。

 

 

料理人は皆独立を目指す感じの世界ですが、料理人にとって独立がすべてではありません。

料理の技術は一緒でも独立するのに、向いている人と、向いていない人がいます。

それは生まれ育った環境が大きく影響するので、すぐには変える事はできません。

 

 

 

なので、会社内でそのスタッフのリスクを最小限にとどめ、

大きなチャレンジの場を提供できるお店になりたいと思っています。

 

一緒に働いてみたい方、ご連絡お待ちしています。

 

 

080−3831−6944

僕の番号です。

直接かけてくださっても大丈夫です。

 

土井省太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月07日
空席情報
7日ディナー空席あります。

8日ランチ、ディナー空席あります。

是非お問い合わせください。


カロローゾでは現在キッチンスタッフ募集中。

こちらも合わせて是非お問い合わせください。


カロローゾとはイタリア語でほっこり。
今年もほっこりするお店つくっていきます。


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月03日
新年あけましておめでとうございます。
今年も静岡に一泊二日滞在してきました。

父親と2人での伊豆旅行。


母親が生きている時は全く考えられなかった旅です。

父親と2人で、伊豆に旅行。


毎年伊豆長岡の父親お気に入りの旅館にお泊まり。


こじんまりとしたいい旅館です。


基本、父親と2人で話が盛り上がるわけでもなく、淡々と旅は進みます。
唯一盛り上がるのは夕食でお酒が入った席です。
お店のお話、小さい頃のお話をします。
まあまあの熱さで近況を話します。

20時前にお父さんは寝てしまい、どうするかと考えている内に
僕も寝てました。

お父さんと2人で行動していると合わないなーーと思う事が多々あるのですが、
例えば
食べ方がお行儀良くなく残しすぎて、自分の好きなものしか食べないとことか、
基本旅館の人に感じ悪いところとか、
深海魚水族館行ってもほとんど興味示さないところとか、
タバコを隙あれば吸おうとする所とか、
結果お風呂のタオルがタバコ臭くなり、スッキリ体ふけないところとか、

などなど、

けれどそんな合わない所とかありますが、

やはり今ではそれ以上に親の偉大さを感じ、多分自分が尊敬する誰よりも、
でかい存在だと思います。
多分ですが。


いつも車で新幹線の駅まで送ってくれて、その帰る時の後ろ姿を目で追うのは寂しいです。


そんな改めて親の尊さを感じる静岡。
そんな静岡への尊さをお店で、お料理で表現しなければと思います。


いつも帰りの新幹線は切なく、また大阪でやるべき事のメラメラ感を持って帰ります。
あと身体中のタバコの臭い特に手。これも切ない。

そんな切なさと、メラメラを持って(タバコの臭いはお風呂で消えます)
明日からの営業に準備に入り、5日からの営業にのぞみます。

どうぞ今年もよろしくお願いします。

1月3日

土井省太郎





 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年12月31日
2016年もありがとうございました。

12月30日

カロの会で今年の営業は終わりました。

 

 

7月1日に10周年を迎えました。

 

10年前、経験も知識もなく、大阪での人脈ゼロの状態でした。

ただ根拠のない自信だけはあり、それだけで乗り切れました。

 

 

お客様の数も10年間毎年増え続け、

今年2016年は今まで一番多くのお客様に来て頂きました。

 

 

僕が最近思う事

 

「本当の顧客満足とは、長きにわたり、同じお客様を満足させ続ける事」

 

 

色々な満足がありますが、

単発の満足では本当の満足とは言えないよな気がします。

 

そのお客様の人生の一部になるお店

そのお客様の成長と共に、いつも同じ場所で寄り添えるお店

 

そんなお店がいいなと最近思います。

 

そのためにはいつでも変わらないほっとするお店であると同時に

常に時代の流れを読み、うまく適応させながら、進化し続けるお店

 

カロローゾはイタリア語で「ほっこり」

そんなコンセプトのお店です。

 

 

僕の目標

 

「人生最後の日に選んでもらえるレストラン」

 

 

A氏 「明日、地球が滅亡するって。」

 

B氏 「えーー、まじで!!じゃあ、今晩どこでご飯食べる?」

 

A氏 「やっぱ、締めはカロでしょ」

 

B氏 「だよね!」

 

 

と、少々ちゃらい感じのやり取りですが、

そんなお店が理想です。

どんなお店かって話ですが。。。

 

2017年もどうぞよろしくお願い致します。

新年は1月5日 ランチより通常営業致します。

 

 

 

2016年12月31日

土井省太郎

 

 

 

 

 

雑談

もし明日地球が滅亡するとしても、僕はお店を開けると思います。

働いているのは僕だけかもしれませんが、作って、運んで、頑張ります。


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年12月29日
明日です。(30日に見られた方は今日です!)

12月30日

 

15時より。

年末の疲労感に堪えられなくなるまで。

 

おひとり様2016円(1ドリンク付き)(ひょっとしたらもっとつくかも)

 

富士宮焼きそば食べ放題

その他お料理食べ放題

さとしのコスプレ見放題

 

こんな特典いっぱいのカロのイベント開催します。

 

参加はご自由。どなたでも構いません。

ただし、力士ご一行はご遠慮下さい。

 

 

年内最後の本気。

 

土井省太郎が富士宮焼きそばを本気で作る

(途中酔いが回ってきて楽しくなってきたら、田中早紀にチェンジ)

 

 

本日100人前の富士宮焼きそば届きました。

マンゲン豚のハムも届きました。

 

合わせて、うん万円!!

 

 

大みそか前のほんわかした30日。

皆様食べに来てください

(力士ご一行はお断り)

 

 

 

是非!!

 

 

 

 

 2016122917551347217.jpg

 

 


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年12月22日
クリスマス期間

23日、24日、25日

ランチ、ディナーともに満席となっております。

 

年内は28日、29日の夜がお席ご用意できます。

 

 

30日は通常営業はせず、イベントを開催しています。

 

まあまあ過激なタイトルのイベントを開催しております。

15時よりおひとり2016円で食べ放題、1ドリンク付き。

富士宮焼きそばを中心とした美味しい料理です。

イタリア料理ではありません。

 

詳しくは「12月30日の件」

http://caloroso.dreamblog.jp/blog/1656.html

 

 

 

ここから僕の妄想がはじまります。

 

 

富士宮は僕の出身地。

小さいころから当たり前のように富士宮焼きそばを食べていました。

しかし大学で京都に来て、初めて外部の焼きそばを食べた時の衝撃は忘れられません。

「やばい、食えない」

あんなコテコテした焼きそばは焼きそばじゃない。

もっとドライで、モチモチな麺が焼きそばだ。

なら、富士宮焼きそばのお店を関西でやったら絶対流行る!

と思っていたのですが、すぐB級グルメブームが来て、あっという間に富士宮焼きそばが

有名になってしまって、時すでに遅しでした。

 

最近では屋台でも富士宮焼きそばが食べる時代です。

しかし、うつぼ公園に出ていた富士宮焼きそばの屋台の味。

富士宮焼きそばの冒とくの時代始まったな!

屋台のおじさんに富士宮出身ですか?と聞いたら

冷たく、違うよ

と言われました。

くそっ、バカにしやがって。こんなまずい富士宮焼きそばは富士宮焼きそばじゃねえんだよ!

麺の個性がまったく消えてるじゃねーーか。

ふざけやがって!!

 

 

なら自分で作るよ。

 

そこから自分の好きな地元のおばちゃんが一人でやってる、富士宮焼きそばの店に

研修(見てるだけ)に行き、コツを聞きました。

 

そうして始まったのがカロのイベント。

 

富士宮焼きそばへの尊敬の念、

畏敬の思い。

そのすべてを年末最後にぶつけます。

 

妄想、終了

 

 

と言う訳で参加資格なしです。

皆様食べに来てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル



2016 カロの会




サブタイトル


 

終わりよければすべてよし!!!


 


2016円だけもってこい!!




そうすればお腹いっぱいにしてやる



よ!!




ただし、釣りは用意しねーーぜ






 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年12月15日
12月のご予約状況 15日現在
16日 満席です
17日 カウンター 空いています
18日 カウンター空いています
19日 定休日です

20日 満席です
21日カウンター空いています
22日 カウンター空いています
23日 満席です
24日 満席です
25日 満席です
26日 定休日です

27日 満席です
28日 狙い目です
29日 狙い目です
30日 イベントです。
予約制ではないので好きな時間に来てください。詳しくは30日イベント内容のブログの記事をご確認ください。
年始は5日ランチより通常営業いたします。



なお、面接予定の子がばっくれました。
引き続きスタッフ募集しています。

涙、大涙、激涙、滝涙、嵐涙、怒涙、悲涙、苦涙、、、、


色んな涙と共にお待ちしています。

僕はいたって正常です。

 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年12月12日
カロローゾで働きたいと思っている方へ

新規の採用をずっと募集していましたが、

ここ最近になり、急に2、3名の働きたいと言って下さる方がいます。

 

通常履歴書持って僕との会話、

その後もう一度お店に食べに来てもらい、その時僕以外のスタッフとの会話をしてもらい、

再度、お店と本人の意思を確認しながら、採用になります。

 

実際お店で働きだしても、僕との直接のやりとりより、スタッフとのやりとりの方が多くなります。

なので、いつもその会話を挟んでの採用になります。

 

 

カロローゾで働きたいとお考えの方は、早めの連絡をお待ちしています。

年内には採用を終了するかもしれません。

 

 

採用の基準は経験よりも、今のカロローゾに馴染むかどうかです。

 

本人の経験、知識、やる気も、もちろんありますが、

お店としては一個人のために今のお店の空気を崩してはだめだと思っています。

経験だけではだめ、やる気だけではだめです。

 

あくまで、お店はお客様のためです。

次来てくれる方が今のお店の空気に合い、空気と言いのは今の働いているスタッフに合い

さらにお互い刺激になり、お店の空気をよくしてくれる方です。

 

難しい事はないです。

明るく、謙虚で、ひたむきな方です。

 

 

是非、来てください。

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年12月07日
お料理とサービス

僕は小さいころから器用貧乏でした。

 

どれも、まあまあそこそこにこなします。

けど、どれが突出する訳でもありません。

 

今の状況もやはり器用貧乏に近い。

 

 

 

お店の運営全般が担当です。

料理をどっぷりする訳でもなく、ソムリエとしてワインを突き詰める訳でもなく、

サービスマンとしてお客様と直に接するわけでもなく。

いろいろしてしまいます。

 

なので色々な立場の気持ちが分かります。

 

 

料理人とサービス。

仕事の内容は全く違うのですが、根本的に違うと思うのは、

長い連続の仕事か、瞬発的な仕事だと思います。

 

 

 

 

料理人って途方もない長い連続のお仕事です。

一つの料理を完成させるのに、何日、何週間かかる場合もあります。

なので正直どこかで気を抜いても長い工程の中では、さほど大きな失敗にはなりません。

一次産業まで考えたら、何年もかかる料理も出てきます。

 

 

それに対しサービスマンは営業が始まったらその瞬間、瞬間が勝負です。

その瞬間にミスを犯したら、挽回のするのは容易ではありません。

サービスマンはその日の営業の状況に応じ、瞬間的に仕事に優先順位を付け、

優先順位の高い物から対処し、問題を乗り切る。

この優先順位を間違えると、長い年月をかけた料理も一瞬で台無しになります。

 

 

農家さんにとって長い時間をかけて作った野菜が台風がきて、

一夜にしてダメになってしまうのと一緒で、

料理人にとってサービスマンの失敗は台風に来られたような物です。

 

 

 

 

 

 

しかし、逆に言うと、瞬間的な判断の成功でお客様の満足は飛躍的に高まります。

料理人のようにお客様を満足させるのに長い年月をかける必要がありません。

 

ゆえにとても難しい、一瞬たりとも気を抜けないやりがいのある仕事なんですが。

 

 

 

 

農家さんが長い年月をかけて作ったお野菜に、

料理人が命を吹き込み、

サービスマンがその命を最終的にお客様の元へお届けする。

 

そんなリスペクトし合えるお店になれば、

きっといいお店になると思います。

 

 

 

 2016120719333322532.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっときしょい、熱めのブログ。

書いちゃった。。

 

 

 


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
1504件中(1件〜10件を表示しています)   前   |