2018年02月19日
富士山サーモン

2018021912135547681.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはこちら。

 

 

土曜日に届いた富士山サーモン。

 

 

産地は地元富士宮の猪之頭という場所。

 

猪之頭は富士宮でもさらに富士山に近い場所で、近くにはキャンプ場、高原も広がり、

山に囲まれ、豊富な富士山の湧水がある町です

 

場所が場所だけに富士宮の人もそんなに行かないエリアです。

 

ただ僕は母のお兄さんが猪之頭に住んでいたので毎年行っていました。

実家から車で30分ぐらい。

 

毎年お正月に集まり、お酒飲んで、近くを散歩したりしていました。

水が溢れすぎ、道も水が流れているような場所を40分ぐらい歩くと

湿原が広がり、湖があります。

 

関東からのキャンプなどの観光客が多い場所です。

 

 

以前スタッフと共に猪之頭を訪れ、

富士山サーモンを見てきました。

余談ですが、さとしさんが山靴みたいなのをはいて、軽快に水が溢れるところを歩いていました。

ちなみに、彼、その後富士宮のフレンチに行く予定してたのに、なぜか山靴。

焦点をレストランではなく、ここに合わせていたようです。

 

 

 

なにわともあれ富士山の湧水が溢れだし、湧水垂れ流し状態の環境でした。

水がどんどん湧き出るので、サーモンはずっときれいな、澄んだお水の中で暮らすことができます。

この富士山のお水が湧き出る環境があるからこそできる、富士山サーモンです。

 

 

今まで取り扱ってきてはいたのですが、

いろいろ健康と体、アンチエイジングについて調べていて

改めてサーモンの良さ、そんな素晴らしい食材が、おじさんの住んでいた環境に

ある事を再認識し、これから定番メニューとして置こうと考えています。

 

 

簡単に言うと、お魚がオメガ3を多く含み体の炎症を抑えるのにいいと言うのは有名ですが、

ただお魚と言っても色々な種類があって、それぞれ栄養価は違います。

オメガ3とオメガ6の比率が大切で、その魚の中でも特にバランスがいいのがサーモンです。

 

またサーモンでも餌によって栄養価は変わり、富士山サーモンは餌に徹底的にこだわった

作り手としても有名です。

 

 

そんな富士山サーモン。サーモンは調理法も多様なので、

今後いろいろ試していきたいと思います。

 

 

 


 
ボットからトラックバックURLを保護しています