2016年01月28日
イタリア旅行2
すべてが初めてでワクワク、ドキドキの旅行。

空港に夜着き、その日はミラノのホテルへ。
イタリア人の運転するバスで移動。

イタリア人ビビり気味の気持ちを抱いたままバスに乗るのは、
多少、高所恐怖症気味の僕が観覧車に乗るような気持ちです。

海遊館の観覧車は僕の中で絶叫マシンです。


その運転手さんは
第一声
「ボナセーラ、ボナセーラ、こんばんわーー」

やべーちょっと陽気だ。
現地イタリア人の初めての声、

うーー、来た来たヨーロッパ、イタリア。

けど、バスは安全運転でお願いします!
居眠りも勘弁してください。

まだ生きたいんで。


と心の中で思いながらバスは無事ホテルに到着。

夜は遅かったので、ご飯は早速非常用として持ってきたカップ麺。
いきなりジャパンを満喫しながらの初日のイタリアでした。


次の日
朝のミラノ。とても寒い。

けどそんな朝とても強い味方。
ご常連様からイタリアは寒いから、持っていきなさい
とプレゼントして頂いた手袋。

体も心も温かくなりました。

僕を息子のように思ってくれるお客様にとても感謝です。
ありがとうございます。



ミラノ市内を観光。
圧巻はドゥオーモ。

空いた口がふさがらないと言う言葉を聞いた事はありました。
けど大概ふさがる口ですが、

今回のドゥオーモ。




ちょっとだけふさがりませんでした。



これからたくさん出会う教会ですが、
今回のイタリアを知る旅と言う事では一番印象に残り、
今後イタリアンをやっていくうえで大きな心境の変化になると思います。

またこの辺の事は改めて書きたいと思います。




そしてカンパリ発祥のお店でカンパリソーダを飲みました。
これが初めてのお買いもの。
自分でオーダーして、お金払って、カンパリもらって。
カンパリ飲みながらカウンターにあるおつまみを食べながら。
そんなしている自分、完全に気分はミラノっ子です。
本田圭祐と近くなった気がします。

どこまで食べ続けたら怒られるのかなと言う興味はありましたが、
ビビりなので早い段階で終了です。


そしてお昼はイタリア料理、ど定番「ミラノ風カツレツ」


ふーーー、

と言う感じ。


今回はもちろん色々なレストランを回りました。

イタリアにいた知人に教えてもらったり、日本に住むイタリア人に教えてもらったり、
イタリアに住む日本人に教えてもらったり、星付きのお店に行ったり、
町場のお店に行ったり、郊外のセレブ住宅街にあるお店に行ったり。



ただ料理の内容に衝撃的に感動したと言う事はありませんでした。

今ではイタリアで料理を学んだ凄腕シェフ達が大阪にたくさんいて、
そんな方たちの作る料理をよく食べていましたし、
そんな方たちの料理の方が盛り付けも綺麗で日本人に合うようになっていて。



けど、そんなシェフたちはもどかしい気持ちがたくさんあると思います。
もっと現地の味だけで勝負したい。と。

ただ食材の関係、日本人の好みの関係でできない場合が多いと思います。





そんな事をあれこれ考えイタリアのお店を見ていたら、
自分なりのイタリア料理と言う物、そのイタリア料理を日本でやる意味が
なんとなく整理できました。
(すいません。10日ぐらいしかいなかったので、ただ何となくです。
ちょっと調子乗ってます。グラッツェ)


最初の心境、日本人はパスタが好きで、ビジネス的にはいい
なんて言うちゃらい考えは捨て去りました。



イタリア料理、イタリア人。
どっかに必ずキリスト教がありました。

その教えの元、自分なりのイタリア料理をすれば
それは日本でもイタリア料理になるんではないかと思いました。





ミラノ出発。

ヴェネチアへ。

















 
ボットからトラックバックURLを保護しています