5月5日月曜日は祝日ですが定休日のためお休みします。


その他の日は営業しております。

今の所どの日もお席広めに空いています。
皆様奮ってご参加下さい。

別にイベントする訳ではありませんが。


5月1日より5人カロローゾになります。
様子見たい方も是非来て下さい。

ギクシャクしているか、楽しそうにしているかは未定です。





 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

35歳のブログ改め、36歳のブログに変更します。
理由は誕生日がきたからです。
おーーー。

年男。思えば12年周期で訪れる年男、何かがあります。

12歳。小学6年。
なわとび大会で満点取れるぐらい上達したのに、
直前で坂道を自転車で転落。左手首骨折。
1ヶ月のギブス生活。
夏だったので、蒸す。ギブス取ったら、左腕だけ毛がボーボー。ビビる。

24歳。母、病気。父、交通事故。
2人が重傷。同じ病院で入院生活。
その時の僕は流石に夜の空を見上げ「やべーな」とつぶやく。

36歳。階段から転落。右薬指剥離骨折。
料理人にとって生命線の右腕。ピンチ!
けど周りががんばってくれるんで、大丈夫そう。

36歳。やるぜ!!
40歳までにどこまでやれるかが人生の勝負だ!
ここがんばれば、きっと素敵な大人になれるはず。


くっそ!!まずは薬指の完治だ。
はがゆい36歳のスタートだ。







 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

慢心な心

2014.04.21

右手薬指剥離骨折。
全治1か月。

完全に自分の不注意から生まれた怪我。
包丁は握れず、洗い物もできなく、字も書けなく。

単なる不注意では終わらせたくない程の怪我です。



なのでプラスに怪我を解釈していました。



それは「慢心な心」


スタッフも育ち、僕が料理しなくてもカロローゾの料理はできます。
さとしも何だかんだ言って育ち、オープン準備をして、お客様の対応をしてくれます。
お客様も年々増えて来て、自分の生活もできるようになっています。
極端な話、お昼の営業だけ来て、夜の営業だけ来て一日5時間労働でも
カロローゾを維持できるかもしれません。

実際はそんな事はしてないのですが、裏はそんな状況でもあります。

そんな心の隙が日頃の行動に表れ、怪我になりました。

そんな意味でもスタッフを入れて、自分に刺激を与えようと思っていたのですが、
それよりも早く自分で痛い目に合ってしまいました。



母が亡くなる24歳の時、僕は母のそばに6か月ずっと一緒にいたのですが、
その時母の末期がんを通じて、病気と言うものを色々考えました。
それは病気した本人は辛いと思いますが、その本人、周りの人間は普段
考えない事を考えられる機会を与えれます。


母が最後に僕に教えてくれたことは
人は死ぬと言う事です。

自分が弱っていき、動けなくなり、
そして最後に死ぬ瞬間を見せてくれました。

究極的な子育てをしてくれました。



病気、けがと言うものは悪い物だけではありません。
それはたくさんの方にご迷惑をお掛けし、たくさんの方を悲しませるのは事実ですが、
絶対悪ではありません。

僕のけがはまだまだ軽い方で、世の中には障害を持った方、
死と戦っている方、色々な不運な状況と立ち向かっている方、
たくさんいます。


僕が思う人の幸せは
日常の些細な事にも感謝の心を持てる事
だと思います。

朝起きれてよかった、歩けてよかった、呼吸できてよかった、
ご飯食べれて良かった。大切な人と朝挨拶できてよかった。。。。
そして仕事ができてよかった。



その気持ちを再確認し、これからのカロローゾに繋げたいと思っています。

今後の人生右手薬指が慢心に注意のシグナルに見えそうです。


けど、まずは慢心するぐらいお店を繁盛させないと



ただ、痛かっただけだぜ、右手薬指!!












 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
誠に急で申し訳ありません。
5月から5人でのカロローゾに向けスタッフとお話してきます。

それと個人的な事ですが、完全な自分の不注意で階段から落ちて、
右手薬指剥離骨折しました。

しばらくの間皆様にご迷惑お掛けするかもしれません。
誠に申し訳ございせん。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

岩崎圭介さん

2014.04.15
コメントありがとうございます。

月曜夜開催予定のカロバル。
まずは一番早くできそうなのでお待ち下さい。

今はスタッフにまかせつつある料理ですが、
料理作るの結構好きで、自分の宝物である料理を渡していくのは寂しいのですが、
僕が目指している所は皆が輝けるお店なので、これからも渡していきます。

スタッフも増え月曜以外で僕がお休みできそうなので、
その月曜を有効活用しながら、自分も楽しんじゃう的なノリでやろうと思っています。

多分あいまいな開店日になりますが、是非来てください。




昨日は料理の師匠である京都の松原シェフのお店に行ってきました。
https://www.facebook.com/HANAMITSU.shu.raku.sai

京都イタリア界ではとても有名な方です。
前職は京都のイタリアン東洞のシェフでした。
今は予約が取りづらいお店になっています。


その松原シェフが独立して作られたのが
「HANAMITSU」です。
昼はコース1本のイタリアン。
夜はイタリアンのテイストをいれた居酒屋。

色々経験された大物シェフが最後に辿り着くお店って
どんなんだろうととても興味がありました。

近隣のお客様は最初居酒屋として利用するらしいのですが、
何気なく頼んだそのパスタの美味しさにびっくりされるそうです。

シェフが自ら全部料理を作ってくれるので、
とても嬉しく思いました。


おしゃべりもたくさんしたんですが、
シェフに弟子と言って頂けるのがとても嬉しかったのですが、
弟子らしい事してなかったのに、申し訳なかったです。


こんな感じのお店いいなと思いました。


なのでちょびっと意識して、夜だけカロローゾを計画しています。
いつもはお客様とおしゃべりはあまりしてないので、
おしゃべりカロローゾもいいかと思っています。
お酒好きなので、がんがん勧めて頂く感じもいいです。



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

スタッフ決定

2014.04.12
ブログで募集していました、男子キッチンスタッフですが、
ブログを見てくれた若者に決定しました。

5月1日より5人での営業が始まります。

スタッフの募集は友達が少ない僕は、知り合いとかもか少なく、
いつもブログを見て人が来てくれます。

ブログには僕の事が書いてあるので来てくれた段階で、
だいぶカロローゾの事を理解してくれる方が多く、
ミスマッチは防がれています。


色々な意味で役に立っているブログです。



初めての5人での営業。
(毎週火曜日は誰かがローテーションでお休みしています。)

僕、コック3人、さとし1人。


4人での営業も限界を感じ、僕も次なる刺激が欲しかったので、
調度良いタイミングで決まりました。

けれど単純に人件費は増え、今でもいっぱいいっぱいなのに、
もっといっぱいいっぱいになるかもしれません。

けれどさらにできる事は広がり、もっと大きくなるチャンスだと思うので、
全力で、必死に取り組むしかありません。

皆様のご要望が多い料理教室も真剣に取り組めそうです。
月曜昼、夜に開催できる可能性が広がりました。



多分今までと同じにやっていたら、お店は潰れます。
けれど、反面さらに大きくもなれます。


ワクワクします。
ちょーーーードキドキします。

やべーー。





 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
最近ずっと忙しい日々が続いています。

忙しい事はとても嬉しい事ですが、
同時に4人の限界も見え来てました。

皆の余裕がなくなり、攻められるお店になり、
それによりお客様がどんどん減っていき、
気づいたら忙しかった日々が夢のようだった。

みたいな状況は避けなければいけません。


忙しい時にこそ次の一手を打ち、
その忙しさがずっと続くようにしてくのが僕の仕事です。


今考えているのは、次のお店もそうですが、
まず人を増やし、月一回のローテーションの連休の確保。
スタッフの仕事の軽減。
余裕のあるお店作り。
新しいメニューの作成。
「お客様いつでも来いよ」的な攻めのお店。
ワイン教室、料理教室の開催。
デリ、ケーターリング。
月曜日の夜に開催。土井省太郎だけのカロローゾ。
「カロローゾは何のためにあるんだ」的な理念の完成。

など
この4月から本格的に考えている事です。


反省の日々。
反省の省は土井省太郎の省。

土井省太郎の省を説明する時小さい頃は反省の省と言うのが恥ずかしくて
大蔵省の省と言っていました。

けれど今は反省の省ですと自信を持って言えます。

反省とはネガティブなフレーズではなく、ちょうーーポジティブなフレーズです。



日々反省し、次のステップに繋げたいと思う毎日でした。




 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています