コメントありがとうございます。

2010年01月19日
Title : Re:夢の続き
Name : きーちゃん (URL : http://)
すごー!あの渡邉社長がお店に?!
私も昔「青年社長」を読んで感激した一人です。まだ関西圏に和民の店舗がなかった頃で、大阪にもお店があったらいいのにな、と思ったものです。

そんな社長がカロローゾに!すごーい!!



僕が就職する時はお店が関西になく、
東京まで食べに行きました。

大学の時ホテルの宴会で働いていたので、
そこそこホールでは自信があったのですが、
いざ就職すると、さっぱりだめでした。

その時何故かやった事がなかった、料理の方が適正があったようで、
今に繋がりました。

本当に渡邊さんはすごいと思います。
その時もらった名刺は宝物です。

2010012917521427138.jpg分かりにくいですが、渡邊さんのです。

そして最近の美味しいフルーツトマト。
高知とさかみです。

とにかく甘いです。
前菜でモッツァレラといっしょにどうぞ。


これでパスタ作るとやばいです。
金額もやばいです。一皿2000円になります。

メニューにないのですが、興味があったら言ってください。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

渡邊美樹さんのブログに書いてもらいました。

http://ameblo.jp/watanabemiki/


新卒の面接の時、
「お金持ちになり、マイホームを買いたいです」
と言った僕に30分程教えを頂きました。


その後就職して何回かお会いして、
「お前、おもしろい奴だな」
と言われたのを覚えています。



渡邊さんは仕事の時の厳しさと、仕事以外での少年のような心の
メリハリが素晴らしいと思います。

社員の方4名と来られたのですが、
社員の方は社長の前だからと恐縮した感じではなく、
伸び伸びし、楽しそうな感じでした。

一番印象に残ったのは、社員の方が車の移動のため
先に席をたったのですが、その方のコーヒーが残っていました。
渡邊さんはスッとその残っているコーヒーを取って飲んでいました。

一部上場の大企業の会長が、社員の残したコーヒーを飲むなんて
普通では考えられないと思うのですが。

そんな所がワタミを大きくしたのかなと感じました。


謙虚にコツコツとがんばります。






 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

夢の続き

2010.01.13
僕は大学を卒業してワタミに就職しました。
青年社長と言う本を呼んで渡邊美樹社長に憧れたからです。

しかし就職して調度1年経ったころ、母が末期がんと判明。
余命3ヶ月と宣告されました。

同時に母のお見舞いの帰り父が事故に巻き込まれ、
全治半年の大怪我をしました。
同時に2人が同じ病院に入院してしまいました。

母の一時退院も近づいたため、
母の側にいる事を選んだ僕は、会社には申し訳なかったのですが、
突然辞めてしまいました。



それから半年後に母が亡くなりました。
食道ガンだっため、物が食べれなくなってしまいました。
当たり前に食べれる事の幸せを感じ、
多くの人が幸せを感じるレストランを30歳で開こうと決めました。

その当時僕はワタミに戻るか、専門料理店のコックになるか迷いました。
社長に手紙も書きました。

そして働きたいと思った京都のイタリアン アペルトゥーラに
電話をしようとしてました。

しかし24歳でコックの世界に行くのはとても遅く、
自分に出来るかすごく不安で中々電話を掛けられませんでした。

そんな中ドアのポストに手紙が届きました。
社長からでした。
その中味は
「ワタミの中で独立した方がよい。いつでも戻って来なさい。」
と言うものでした。

何故かその時僕は
「絶対戻らない。専門料理を勉強しイタリアンを開く」
と強く思い、その勢いで電話ができ、見事3年間働く事ができました。



30歳でお店を開くと言う夢と同時に、
お店を開いたら、渡邊社長に食べに来てもらい、お店を見てもらうと言う夢も同時に持ちました。

2年前倒しでお店を開くことができ、
お店も何とか守り、3年半が経ちました。



半年ぐらい前に社長のブログに書き込みをしました。
「ワタミのおかげで、お店を開くことができました。
是非社長にそのお店を見てもらいたいです。」



渡邊美樹社長は会長になり益々忙しくなっているようです。
テレビにもよく出てきます。
政府の教育再生委員にもなり、
またカンボジアに学校を100校作り、
東京の学校の理事長になり、
大阪の病院の理事長になり、
介護ビジネスでどんどん規模を大きくし、
有機農業を自社で大きくし、海外にも農場を持とうとし、
もちろん外食でも大きくなり。




そんな忙しい会長が今日ランチに来てくれました。
手紙をくれたから来たと言ってくれました。


僕の1つの夢が叶いました。
感動です。益々憧れが増しました。

僕の思考の中にいつも渡邊さんがいます。
こんな時渡邊美樹ならどうするかと考えます。

渡邊さんが出した本も何度も何度も読んでいます。
出来るだけ近づきたいといつも思っています。

今日から一層努力します。
そしてお店も自分ももっと成長してもう一度お会いしたいです。









201001132245387441.jpg会長はとても背が大きかったです。

直接お会いすることはその空気感も伝わり

本では得られない色々な感情が沸いてきました。

こんな方になりたいと強く思いました。

左の眼鏡はだいぶ緊張しています。

ちなみに僕が女性だったら惚れてます。








 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

帽子セール

2010.01.09

お店ではある日から突然帽子をかぶり始めました。

もうすでに定着してきたと思います。
おのおの種類の違う帽子をかぶっています。



この帽子をいつも提案してくださるご常連様がいます。
その方は帽子のプロです。

その方の会社で帽子のセールが行われます。

201001091855083253.jpg
1月15日

10時〜19時まで。










かなり安いです。
女性、男性問わず色々選べ種類も豊富です。

場所は本町でお店からも近いです。
201001091856153540.jpg
本町通り沿いです。なにわ筋を西へ進み、北側です。
ガレージセールみたいな形でこの日は営業してます。

人がたくさん来るので、早い時間の方が種類はあると思います。


お知らせでした。










 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

4日から始まった2010年ですが、
見事に夜は暇でした。



ただ昨日はご常連様もたくさん来てくださりました。
ブログに暇と書いていたから来て下さったお客様もいらして。
本当にありがとうございます。
聞き覚えのあるご常連様の電話も、その時は
お席がご用意できなく、お断りしてしまいました。
大変申し訳ございません。





暇だから明日がんばろうと言う楽観的な気持ちには
経営している以上中々なれないので、
日々どこを改造すれば良いのか考えています。

手打ち麺を増やし、本日のパスタを10種類にしたり、
皿単価を少し下げてみたり。
お店のレイアウトを変えてみたり。

等々今の時期色々試しています。



ただ色々変えてみても、根本的なレストランの使命は
来て下さったお客様を楽しませ、幸せな気持ちになってもらう事なので
そこを忘れずに思考錯誤したいと思っています。


これから土曜ランチ。
まずはがんばって美味しいパスタ作ってきます。


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

白いかと共に

2010.01.06

1月にりめっきり暇な日が続いております。

しかし今日も新鮮魚介が来ています。
鳥取から上等な白いか。

2010010620123321001.jpg









なので勝手に白いか祭りを開催しています。
2010010620135020476.jpg








手書感たっぷりなメニューですが、白いかのみのメニューです。

白いかのグリル フレッシュ野菜と
白いかとセロリのアンチョビソテー
白いかのフリット ニンニクのきかせたマヨネーズソース
白いかとマダイ、小カブのキャセロール蒸し
白いか、ホタテ、アスパラのスパゲティー
白いかと白葱の煮込みソース 自家製麺マルタリアーティ

本当に暇です。
お待ちしています。
白いかと共に

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

賀正

2010.01.05

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

今年で4年目を迎えます。
これもお客様、ご常連様、取引業者様、地域の方々の
おかげです。

本当にありがとうございます。
皆様に喜んで頂けるよう、これからも日々精進いたします。
よろしくお願いします。







元旦、2日と僕はダウンしていました。
熱が出て、胸が痛く、救急病院にいきました。
インフルではなかったので、点滴をうち帰ってきました。

2日間はお腹と胸の痛みで、満足に寝ることが出来ませんでした。
3日目にようやく回復しました。

これほど苦しかった経験は初めてでした。
入院になるのではと本当に心配したぐらい。



体力には自信があり、幼稚園から高校まで
14年間無欠席、無遅刻、無早退と言う記録を作りました。
(ただ高校時、2,3回遅刻。しかし先生が見逃してくれました)

(小学校時、校庭を見たら、自分の家のワンちゃんが走っていました。
友達が「土井君の犬じゃない」と。
まさかと思いましたが、やはりワンちゃんの黒い花子が校庭をランニングしてました。
先生の特別な計らいで、早退し花子を連れて家に帰りました。早退1)


普通に生活できる事の幸せを感じたお正月でした。
それと同時に人間はいつ何があるか分からないと感じました。

時間の無駄をしないように、日々進んでいこうと改めて感じました。

お店として
2009年は土台作りの年でした。
2010年は飛躍の年
2011年は展開の年
2012年はもっと土台作りの年
2013年はもっと展開の年
にしたいと思っています。
どうぞ本年もよろしくお願いします。





話は戻り小学校時代。
早退して黒い花子を連れて実家に帰りました。
家には常時6匹のワンちゃんがいました。

しかしどうやらお母さんは花子が好きではなかったらしく、
逃がしたようなふしがありました。

黒い花子はかわいかったです。
ただちょっとアホなだけだったのですが。

それから3日後。
黒い花子はまた旅立っていました。
今度は校庭にも走っていなかったです。



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています